ビタミンAを肌に導入すると細胞が可逆する理由。

ビタミンAを肌に導入すると細胞が可逆する理由。

それは、ビタミンAは石の橋に例えるならば、
まさに橋の中心であるキーストーンのような存在。
つまり、キーストーンであるビタミンAが壊れてしまうと、
石の橋の一部に例えられる健康なメラノサイト、ケラチノサイト、ランゲルハンス細胞、
線維芽細胞といった細胞はすべて崩れて不健康になってしまいます。

これにより、不健康な細胞がシミやシワといった老化現象をおこし、
ひどくなれば皮膚ガンといった病気にもなってしまうのです。

よってビタミンAは、細胞にとってとても必要な栄養素。
常に皮膚に補給し、蓄えておく必要です。

皮膚にとって必要不可欠なビタミンAですが、様々な原因で簡単に失われます。

一つは、紫外線。

ビタミンAは太陽の光により壊されるため失われます。
例えば、浜辺で一日を過ごし、きれいに日焼けをしたとすれば皮膚内のビタミンAは
約90%以上が壊されることが報告させています。
また、女性の場合、生理中は血液中のビタミンA濃度が低下するため、
ビタミンAが欠乏しやすくなります。
このようなビタミンA欠乏症に対して、皮膚が失ったビタミンAを補充する
もっともいい方法は、ビタミンを毎日、直接皮膚に塗布することです。
もちろん、ビタミンAを豊富に含む食べ物により補給する方法もありますが、
食べ物から吸収したビタミンAは、皮膚に届くまで時間が掛かる上に、
ごくわずかしか皮膚に補給されてないため、直接皮膚に補給する方法が有効です。

皆様が必ず毎日使用している化粧品。
そこにビタミンAが配合させていることで、細胞は可逆するのです。

毎日使用するものを見直すだけで、
肌は変化できます。

ご予約・お問合せはこちら↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする