お肌のために欠かせないビタミンAのこと

なぜお肌にとってビタミンAが必要なの?

私たちSKIN CARE SALON VOEUXが予てから謳い続けている「ビタミンA」の必要性。なぜそこまで声を大にしてビタミンAの必要性を訴え続けるのか、その理由は二つあります。

一つ目の理由は、ビタミンAは皮膚を正常化することで、皮膚が本来もっている健康な状態を取り戻すことができるからです。そして二つ目は、ビタミンAも抗酸化ビタミンと同様に紫外線によって破壊されてしまいます。だからこそ積極的な補給が必要だと考えるからです。

ビタミンA配合製品を使用すると現れるレチノイド反応とは?

ビタミンAを配合した製品を使用した際に、まれに「レチノイド反応」と呼ばれるリアクションを起こすことがあります。

レチノイド反応の主な症状
赤み、ほてり、腫れ、かゆみ(むずむずする)、乾燥(角質の落屑)、ニキビや吹き出物の一時的な活性化

この反応はアレルギー反応でも毒性反応でもありません。ビタミンAがとくに不足している肌に見られることが多く、使い続けることでビタミンAを受け入れるシステムは補修され、反応は落ち着くことがわかっております。

レチノイド反応がなぜ起こるのかについては、詳しいメカニズムはまだよくわかっていません。しかし、ビタミンAを受け入れるところ(細胞膜上のレチノイド受容体)の存在と関係があると言われています。本来、皮膚に十分なビタミンAを受け入れるところがあれば、レチノイド反応はおこりにくくなりますが、ごく一部の人は、ビタミンAを受け入れるところを作るために必要な酵素が少なかったり、細胞内でビタミンAを処理するために必要な酵素が生まれつき欠落していたりするので、ビタミンAが細胞内に入りにくくなります。その結果、皮膚細胞に入り込めなかったビタミンAを皮膚細胞は刺激物と判断し、化学刺激の状態に似た反応を示すのではと考えられています。

レチノイド反応が現れた場合

ビタミンAが蓄えられるにしたがって肌は次第に落ち着きますが、不快であれば使用を一時中止しサロンにご相談ください。「これはレチノイド反応ではないか?」とご相談を受けた場合でも、製品選択や使用方法の間違いや、季節的な肌の変化によるものかもしれません。まずはきちんとしたカウンセリングが大切です。いつから、どこが、どのようになったのか、お客様の肌の変化を伺いながら以下のような対応させていただきます。

■レチノイド反応で乾燥や赤みが強く見られる場合…

  • 朝は洗顔料を使用せずぬるま湯だけで洗顔するか、よりマイルドな洗顔料に変更します
  • AHA配合製品の刺激を強く感じる場合は、薄めて使用するか頻度を下げます
  • 不快な場合はビタミンAの使用量を減らす、頻度を下げる、ビタミンAのレベルの低い製品に変更するなどの対処を行います

■レチノイド反応で一時的なニキビの活性化が見られる場合…

  • スキンコンディションが不快でなければ、ビタミンA配合製品を継続的に使用します。
  • 不快であれば使用量を減らす、頻度を下げる、レベルを下げるなどの対処をします。

レチノイド反応のコントロール方法としてビタミンAのステップアップが大事

レチノイド反応がおさまるまでの時間には個人差があり、早い方では約1~2日、長い方では約一ヶ月以上続く方もいます。当然、この反応を乗り越えた後には、より多くのビタミンAを取り込むことができるようになり、皮膚もより強固に補修されます。

なお、このレチノイド反応を考慮すると、いきなり高濃度のビタミンAから適用するのではなく、低用量のビタミンAから段階的に量を上げていくステップアップのアプローチが非常に有効的です。

このアプローチができれば、ビタミンAのステップアップの途中過程で反応がみられたとしても、濃度や使用頻度を調整することで十分に対処できるので有効的です。

SKIN CARE SALON VOEUXは
ENVIRONゴールドパートナーシップサロンです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする