VOEUX SKIN CARE SALON

COLUMNコラム

クリニックとエステ、どちらがいいですか?

最近では美容クリニックの仕切りがぐんと下がり、様々な医療マシンを身近に使えるようになってきています。

ボウのお客様でも、賢くクリニックとエステを使い分けていらっしゃる方もいて、女性の美に対する欲は凄まじいものだなと感じています。

 

 

クリニックとエステ、どちらがいいですか?という質問を受けることがあります。

 

私が思う答えは、「両方」です。

 

クリニックには、クリニックでしかできないことがあります。
エステには、エステだからできることがあります。

 

例えば、「しみ」

 

クリニックで一発どかーーーんとレーザーを当てます。
レーザーで取れるシミに動きはあります。
しかし、シミができてしまう肌環境まで変えることはできません。

 

 

肌能力を上げる→レーザー治療→メンテナンス→肌能力を上げる
このサイクルが結果効果を最大限に近づける秘訣。

 

 

シミは、できたらまた取ればいい・・・・確かにそうですが、
医療マシンはかなりのパワーがあるため、パワーに耐える肌を作っておくことは凄く大切です。パワーがあるマシンだからこそのデメリットもあります。

シミが取れても、その後色素沈着がひどければ、見た目的にあまり変化はないように感じます。

色素沈着は、レーザー治療では無く、肌のターンオーバーを促進され、肌の生まれ変わりをスムーズにすることで、改善されていきます。メンテナンスがとても需要になります。

 

エステは、効果が薄いと思われますが、緩やかだからこそ、行き過ぎて取り返しのつかないことにならないというメリットがあります。
肌能力を上げるために、必要な栄養を導入したり、肌に負担の掛からない方法でのピーリングなどを行います。

 

刺激や摩擦が少なく、肌に負担がかからないことは、結果的に大きな効果を生む場合が多いです。
また、リラクゼーションに特化しているのもエステの強み。おもてなしから、ケア中にどこまでリラックスしてもらえるかの追求はクリニックではなかなか味わうことができないにない感動です。

 

そして、365日行うスキンケアの提案。

 

毎日必要なバランスの良い食事=スキンケアは、一生続けていく必要のあるもの。
食事だからこそ、栄養バランスがとても大切なので、何か一つだけ過剰摂取するような無理はしないでください。そして、楽しむということもとても大切になります。

 

今朝のニュースでは、コロナ対策のために、「食事はなるべく時間帯をずらして、会話を慎む」と言っていました。なんてつまらない世の中になってしまったのか・・・・・
食事はコミュニケーションを取る絶好の場だと思っていた時代から、大きく変わってしまいました。寂しいものです。

 

スキンケアという食事も、楽しむことで肌への影響は大きく変わります。

 

是非、毎日のスキンケアは脳が楽しむことが凄く大切です。
お客様が毎日のスキンケアタイムを楽しめるように、エステのカウンセラーはアイテムの使い方一つ一つ丁寧にアドバイスをすることを心がけています。

 

 

●失敗を恐れず、急ぎ足でいく「うさぎさんタイプ」か、

●ゆっくりでも、安心安全に気を付けながら前に進んでいく「かめさんタイプ」か。

または、

●安心安全に気を付けながら、時には高速道路を走りたい「NEWタイプ」か。

 

時代が変わってきたからこそ、
選択するものを間違えずに、お客様には正しいものを選択して頂きたいと思っています。

一覧はこちら